ご依頼 作ったもの 水引

抱きあわじ結びを敷き詰めた和ごころ本舗さまの看板を作りました

更新日:

さて、世界の包装作家、記念すべきブログ記事投稿1回目は

和ごころ本舗の看板制作のレポートをしたいと思います。

 

お客様のご依頼を丁寧にヒアリング

まず最初に大切なのがお客様のご依頼内容を丁寧に伺い、どんな想いを組み込みたいのか。

その思いをどんな風に表現するのかを会話をしながらヒアリングします。

デザインが決まっている方もいらっしゃれば、一緒にイメージを作り上げていくことも可能です。

 

 

今回の依頼は、和ごころ本舗さまのボックスフレーム入りの看板を作ること

デザインは、水引抱きあわじ結びでぜひ作ってほしいとのことでしたので、連続した抱きあわじ結びを1枚のプレートのように作り、その上にロゴ印刷を貼り付けることになりました。

 

 

サイズ・水引の色・配列を決める

ボックスフレームといっても種類も豊富です。

サイズ、ボックスの色、正方形なのか長方形なのか。

水引の色や種類もたくさんあるんです。

絹巻水引・花水引・プラチナ水引・羽衣水引・特光水引などそれぞれカラーバリエーションに富んでいます。

 

今回は、花水引:翡翠・絹巻水引:ベージュ・プラチナ水引:パールを使って作ることになりました。

この3色で作ることで、優しさと穏やかさ、そして上品なイメージになります。

 

抱きあわじ結びとは

まず、結びを3本の水引を使って作るとします。

普通のあわじ結びを作るときは3本だけで作りますが、抱きあわじ結びを作るとき、3本×3本であわじ結びを作ります。

抱きあわじ結びを何個も作ておき、1個目の抱きあわじ結びと2個目の抱きあわじ結びでさらに抱きあわじ結びを作り(A)、2個目と3個目で抱きあわじ結びを作り(B)…

AとBで抱きあわじ結びを作り…を、繰り返していくと写真のようにすべてがつながったあわじ結びが出来上がります。

素敵なご縁が続きますように…

そんな願いを込めて。

制作スタート

抱きあわじ結びを何段にも進んでいくと、問題が発生しました。

横には何個でも抱きあわじ結びを作ることは可能なので横幅を広げていくことは何ら問題はないのですが、

上に進んでいくと、2cmくらいボックスグレームの枠に足りなそうな予感が…

こういう時は臨機応変に!!

 

写真のように、右から縦の段数を増やしていくようにし、同じものを2つ作り片方をひっくり返してドッキングさせることにしました。

 

もちろんご依頼主の和ごころ本舗さまにはその都度進捗状況を共有しながら、上下ドッキング案も楽しんでいただけたようで、そのまま制作をつづけました。

斜めに真ん中が重なりあっているのがお分かりいただけるかと思います。

カットした端の水引を使ってモチーフ作成

右から縦の段数を増やしていくように抱きあわじ結びを作っていくと、水引の余りがたくさん出てきます。

長いもの、短いもの。

すべてをできる限り使って梅結び・かごめ結び・玉結び・相生結び・リボンなどを作り、看板のアクセントにお好きなモチーフを使っていただくことにしました。

抱きあわじ結び、ロゴ、モチーフを固定して完成

モノクロでも味がありますよね!?

抱きあわじ結びは、台紙に端と真ん中を接着剤で固定し、モチーフはワイヤーで固定しました。

 

 

 

完成はこちら!!!

優しく穏やかで、でも繊細な美しさのある和ごころ本舗さまの看板が出来上がりました。

近くで見るまでは水引で背景が作られていることに気が付かないかもしれませんが、近くで見たときに水引の魅力に引き込まれそうですよね。

和ごころ本舗さんに喜んでいただけたことが何よりうれしい!

和ごころ本舗さまに手渡しすることができたのですが、何よりうれしかったのが、開けた時の今にもわぁ!!!という声が聞こえてきそうなこの表情を目の前で見ることが出来てとっても幸せでした。

 

嬉しさのあまりテンションが高くなってしまいました。

 

世界の包装作家おぐえしずかならではのラッピング

箱を開けた時の気持ちの高ぶりと、水引の上品さを演出するために落水紙という和紙を1枚入れました。

 

包装方法は、

タックを用いた合わせ包み。

タック部分は、クラフト紙・キューブ柄を使用。タックをよせると文様のようにみえるのもおもしろいですね。

 

世界の包装作家おぐえしずか は、水引でこんなのあったらいいな。を、一緒に考えカタチにします。

 

-ご依頼, 作ったもの, 水引

Copyright© 世界の包装作家おぐえしずかのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.